HOME>トピックス>業務を一括で任せればオーナーの負担が減ります

全てを自分で行える

電卓

賃貸管理に必要なことは自分で全て管理できます。これはいわば大家さんの役割といえます。不動産仲介会社・清掃会社・リフォーム会社などを自分で選んでやり取りします。手間はかかりますが、第三者の管理や振り回されることがなくなります。マンションを自分らしくしたい人には魅力ある方法と言えます。

行う業務は多い

相談

所有しているマンションなどの賃貸管理の業務はたくさんあります。入居者を募集したり賃料の集金、共有する部分の管理などです。時には騒音やゴミなど入居者からクレーム対応することもあります。上手くいかないと入居者の不満を招いたり空き室が目立ったりしてしまいます。

業務を任せられる

賃貸管理の全てを一人で行うのは現実的に難しいです。無理せず賃貸管理を行う業者に依頼しましょう。一括借り上げの契約を結べば不動産管理会社が入居者の募集や物件の管理を代わりにしてもらえます。管理も運営も任せられるのでオーナーの負担が少ないです。しかし、業者に任せきりでも経営者は自分自身です。管理会社と入居者とのやり取りは忘れないでください。

手数料は家賃の数パーセント

賃貸管理にかかる手数料は家賃の5%程度が平均です。手数料があまりに高いと予想していた利益が出づらくなる可能性があります。そうであればパーセントが少しでも少ない業者を選べばいいと考えるかもしれません。しかし、業者の中には手数料とは別にシステム料などが必要になる場合があります。どの部分が別料金となるのかしっかり確認しましょう。賃貸管理といってもどんなサービスが受けられるかは管理会社によって違ってきます。

広告募集中